リサイクル事業

リプラ工場
リプラ工場設備
名称 リプラ工場
事業内容 プラスチック製容器包装材の再商品化
再生処理能力 5612t/年
製造製品名 PE・PP混合ペレット PSインゴット
リサイクルの方法 プラスチック包装材の材料リサイクル

プラスチック製容器包装材の再商品化とは

廃棄されるプラスチック製容器包装材を再利用できる製品に作り替えることです。
廃棄されるプラスチック製容器包装材とは

 
廃棄されるプラスチック製容器包装材とは

一般家庭などから、ゴミとして廃棄されるプラスチックゴミの内で、その中身の大半を占める容器・梱包材・袋のことです。


分別・再生 ペレット化

分別・再生 ペレット化

リプラ工場ではこれらのプラスチックゴミを再生し再利用可能な製品に作り替えています。


再生され再利用可能になった製品

 
再生され再利用可能になった製品

リサイクル製品の原材料となる「PE・PP混合ペレット PSペレット」として、リサイクル商品の製造会社へと出荷されて行きます。


ページトップへ

プラスチック製容器包装材のリサイクル工程

回収・受け入れ
各市町村が回収・選別・保管したプラスチックゴミはリサイクル工場へと運ばれます。

 

一時ストック
回収されたプラスチックゴミは、工場内のストックヤードに一時的に保管された後に破袋機により細かく粉砕されます。

 

砕袋・手選別
粉砕されたプラスチックゴミから、手作業で利用できないものを取り除き、粉砕機によりさらにより細かく粉砕されます。

 

粉砕・洗浄
さらに粉砕されたプラスチックゴミを洗浄し、余分なゴミや汚れを取り除きます。

 

比重分別・高速分離・脱水乾燥
比重分離機により不純物を除去し、脱水乾燥工程を経て、再利用可能なプラスチックに生まれ変わります。

 

押出機によりペレット化
押出機によってペレット化され、再生プラスチック製品の原材料として出荷されます。

 


ページトップへ

生コン事業

生コン工場
生コン工場設備
バッチャプラント 北川鉄工所(株)製全自動傾胴式
ミキサ− フロントチャ−ジ空気傾胴式FA型 (1,500リットルX2基)
製造能力 108m³/h (864m³/日)

ページトップへ
Copyright (C) Miyake-namakon CORPORATION All Rights Reserved.